バケット補強

製造・輸送工程では、多くの製品が樽型の容器に収納されていますが、製品の物理的・化学的性質により、鉄製の樽で保持することができず、樽の径がほぼ均一にならないものがあります。 輸送中、積み重ねがきちんと固定されていないため、コンテナ内の製品の漏れによって一連の問題が発生します。出荷時の固定と結束には、最高のポリエステル製フレキシブルストラップを使用することを検討してください。

材料には、鉄製のバレル、木製のバレル、プラスチック製のバレルの3つの異なるバレルがあり、IBCのバレルには通常、液体製品が充填されています。

バケット補強

1.コンテナー輸送における一般的な鉄ドラム。

このような鉄製のドラム缶は0.25m3(55ガロン)で、通常、コンテナ内で垂直に積み重ねられています。2つの20フィートのコンテナは、通常80個のドラム缶を収容できます。
製造元によって、積み込み方法が異なります。たとえば、コンテナに直接入れたり、最初にパレットに載せてから、フォークリフトを使用してコンテナに積み込んだりするメーカーもあります。
IBCバレルは通常、コンテナに直接配置されます。 鉄製のドラムであろうとIBCドラムであろうと、動きを防ぐために、梱包用ストラップやその他の製品で補強する必要があります。

バケット補強

2.特殊バレルの強化

鼓型の木製樽は、通常両端に鉄の輪があり、垂直に設置すると簡単に外れるため、原則として水平に設置する必要があります。 横向きの場合は、木製のくさびを木製の樽の両端に置きます。木製のくさびの高さは、樽の中心がボックスの底から離れ、樽のウエストにストレスがかからないようにします。

バケット補強